unicoのファブリック椅子 洗えるように作りかえました 

我が家はunicoが好きで

家具やカーテンなど、unicoで買うことが多いです。

このダイニングチェアは8,9年前??に買ったものです。

布張りの椅子は、雰囲気は良いけど

ものすごく汚れます・・。

でも、この椅子は布の取り外しができず洗えません。

しかもunicoでは張替えができません。

私の方のツイードの生地は

そんなに汚れは目立たないけど

夫の方のグリーンの生地は

恐ろしく汚れが目立つし、校長先生の毛も目立ちます。

でも椅子自体は気に入ってるし

カバーをかけて使い続けるより

洗える仕様にかえてみよう!というわけで

自分で作りかえました。

椅子の裏の布をとめてあるガンタッカーを

マイナスドライバーとペンチで一個ずつ、すべてはずして

(この工程は大変すぎて写真はありません・・)

ファブリックをはずして丸裸に。

スポンジ?クッション?部分がむき出しだったので

それを、不織布や、衣類カバーに使われているような布で包んで

ガンタッカーでとめていきました。

不織布の方は、使い続けると破れてくるので

ツルツルした素材のほうが

扱いやすく、もちもいいと思います。

(誰もこんなことしないと思いますが・・)

そして、ファブリックの口の部分を

縫い代1.5cmぐらいで縫って

麻ひもを通し

椅子にかぶせて、麻ひもをギューっと絞って結びました。

結び目は、ギュッと中に押し込めば、見えません。

100均で300円ほどで買ったガンタッカーと麻ひも

家にあった余り布だけでできました!

これで、汚れたらすぐに取り外して洗えます。

やったー!

調子に乗ったワタシは

他の布張り椅子もリフォーム♪リフォーム♪

汚れてシミだらけだったベージュの布を

フェイクレザーっぽい黒に張替え。

お客さんが来たとき用の折りたたみ椅子の

ベージュ布も黒に張替え。

はぁぁぁ、とってもスッキリしました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと押してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建売住宅へ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする