夏キャンプ〜森林公園やすらぎ村〜

今回、行ったのは奈良県下市町の森林公園やすらぎ村

ねーちゃんがツリーハウスに絶大な憧れを持っていて、ツリーハウスで検索したら出てきました。

「なんか可愛いし、ここにしよう。」

と春頃に予約しました。

ハシゴを登って、床板を開けて出入りします。

最初はポンちゃん「降りるのこわーい」言うてましたが、1回降りると大丈夫とわかったようで、何回も何回も上り下りしてました。

なんだかアスレチックのようで、大人があれこれしてる間も子どもたちキャビンで楽しく遊ぶので良かったです。

キャビンには網戸付きの窓が3つあって、すぐ下を流れる丹生川が見えます。

チェックイン1時半、チェックアウト1時ですが、早めに着いても鍵がもらえました。

昼ごはんは簡単にすませて早く川遊びしたいので、手抜きです。

キャンプで食べれば何でもおいしいよー。

なんでもおいしいはずだよー。

が、子どもたちお口に合わなかったようで・・。パンかじってました。ごめんよ。

ささーっと食べて、川遊びです!

ライフジャケット大活躍。しっかり浮いてます。

そして、川の透明度がすごい。

きれいすぎて感動でした。

ザバザバなってるとこの上流が流れもゆるく、とっても浅くてちびっこ向きの場所になってました。

激しいところも楽しいようで

ハゼ、カニ、オタマジャクシ、小さな魚・・

ポンちゃんも、ねーちゃんも

いろいろつかまえました。

念願のお魚釣りも。

ルアーと売店で100円で売ってる餌を付けて。

でも今回は、なにも釣れませんでした〜。

ポンちゃん「釣った魚をBBQで焼く!」と張り切ってたのに残念!

夢中で川遊びしてるあいだに、日が傾いてきて、水も冷たくなってきたのでキャビンに戻ります。

BBQの食材は、家で下ごしらえしていったので、ほとんど準備することもなく

火をつけて順番に焼いていきました。

子どもたちは、自分でウィンナーを焼きます。

とても楽しそう。

AYUMIさんとnoyamaさんの本に載ってたエビレモン焼きと、ホタテとじゃがいものアヒージョ。

どちらもジップロックに材料を全部入れてきたので、100均のアルミトレーに入れて焼くだけで楽ちんでした。

他には、タンドリーチキンや焼肉用の牛肉、豚トロ、手羽先、サラダ、野菜のホイル焼きなど。

子どもたちは、もちろん、マシュマロ。

ひと通り焼いて食べて、夫とわたしの感想。

量。多すぎ。

食べきれませんでした・・。

次のキャンプでは買いすぎないように、作りすぎないように、適量でいきたいと思います。

夜ご飯のあとは、花火して

    

やすらぎ荘のシャワーを浴びて寝ました。

クーラーがなくても涼しく、明け方は寒いぐらいで窓を閉めて寝たほうが良かったです。

涼しかったので夜ご飯の残りも腐らず、翌日の朝昼でしっかり食べきりました。

子どもたちはキャビンがすっかり気に入り

「もう1泊したーい。また来たーい。来年もここがいい。」

と。

うんうん。

ほんとにいいとこでした。

良かったところをまとめると

・キャビンの真横が駐車場。荷物運ぶのがすごく楽です。

・キャンセル料がかからない。雨や子どもの体調不良でもキャンセルできます。

・川も階段をおりてすぐ。

・1人1枚毛布を貸してもらえる。朝、ほんと寒かったので助かりました。

・キャビンの下にテーブル、椅子、荷物置き場、U字溝があり、それを使えば、荷物が減らせる。

・洗い場やトイレなど、すべてが近い。こじんまりのキャンプ場です。

日帰りで遊びに来ている人も多くいましたが、キャビンの方は7組ぐらいなので、トイレも洗い場もどこも混まずのんびりできました。

テントサイトの方は離れているのでよくわからなかったけど、けっこう賑やかな感じでした。

リンダリンダ〜〜〜♪イェーーイ♪みたいな 笑

我が家は大きい車ではないので、テントも乗せてというのはとても無理ですが、竪穴式住居に泊まれるとか、モンゴルのゲル風のテントに泊まれるとか、なんだか楽しげなキャンプ場がいろいろあるみたいなので、あっちこっち行ってみたいと思います。

最後に、今回のキャンプ。

気になるお値段は!?

ジャジャーン!

駐車場付きマッシュルームキャビン1棟5,700円。やっすい。

他にかかったのは、入村料 大人450円、小人250円。

シャワー5分200円、釣り餌100円

以上。

ちなみに、売店には吉野桧の渋いテーブルや工芸品が並んでいて、子どもにお土産買って〜とせがまれることもありません。

今回は高速ものらなかったし、食材・ガソリン代とか合わせても1泊2日4人で2万〜2万5千円ぐらいでしょうか。

いい!キャンプいい!!

というわけで、夏の家族旅行はキャンプが定番になりそうです。

にほんブログ村 子育てブログ 一姫二太郎へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村テーマ 子どもとキャンプへ
子どもとキャンプ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする