レゴホテル☆フレンズの部屋に泊まりました

レゴ大好きねーちゃんが、去年からずーっと行きたがっていたレゴランド。

ホテルが4月にオープンしたので、週末にお泊りで行ってきました。

この日のために、ねーちゃんは誕生日にBちゃんにトランクをプレゼントしてもらい

「荷造りは、ひとりでできるから♪」

と、大ハリキリ。

その荷造りがコチラ。

それ、閉まらんやろう・・。

そんなこんなで、渋滞もなく大阪から高速で2時間。

名古屋にあるレゴホテルに到着です。

レゴホテルの真ん前がレゴランドという、子どもたちのテンションが振り切れてしまいそうなワクワクが止まらないロケーションです。

ホテルもレゴランドも、子どもたちが楽しめるポイントがいっぱいでした。

まずは、ホテルのエレベーター。

ディスコエレベーターという名の通り、扉が閉まるとミラーボールが回りだし、ダンスミュージックが流れ出します。

エレベーターのるたびに、楽しいのです!

他のファミリーと同乗したときも、ミラーボールがまわりだすと自然に踊りだしちゃう子どもたち。思わず笑う大人たち。はにかむ子どもたち。

エレベーターの中が和みます。なんて楽しいんでしょう。

ちなみに2日目には、私たち大人もノリノリで踊っておりました。

今回、予約したのは、ねーちゃんの大好きなレゴフレンズのお部屋。

階ごとに、ニンジャゴーやパイレーツ、キングダムとテーマに分かれてます。

8階の半分がフレンズのお部屋になっています。

部屋を開けると・・・

入ってすぐに2段ベッドの子ども部屋。

トイレやお風呂があって

その奥に、大きいベッドの部屋があります。

子ども部屋には宝箱があって

部屋においてあるクイズの紙の、4つの答えが鍵の暗証番号になっていました。

宝箱を開けると・・・

ホテルからのプレゼントが。

ステショナリーセットとレゴボックスが入っていましたー。

プレゼントは、その時々で変わるようです。

子どもたち、大喜び。

そしてレストランがある2階には、キングダムとニンジャゴーのアスレチック的なものや

レゴブロック、デュプロのコーナー、フレンズのコーナー、ゲームコーナーなどがあり

ここでもたっぷり遊びました。

朝食ビュッフェは(全然、期待してなかったんですが)すごく品数が多く、おいしくて何度も色々と取りに行っては食べ、気づいたら一時間半、食べ続けていました・・・。

和食は食べなかったので味はわかりませんが、デンマークと言えばデニッシュ。デニッシュ系のパンが美味しくて何個も食べました。

そして北欧といえばサーモンと魚介。スモークサーモンやエビ・ムール貝などをジェノベーゼソースで和えたのも美味しくて、これもおかわり。

デザートもたんまりいただきました。ほんとにどれもおいしかったです。

そして子どもたちには、ちゃんとキッズコーナーが用意されていて、子どもが自分で選んで取れる高さの台に、子どもサイズの小さいおにぎりやパン、おかずが並んでいました。

↓(私たちが食べてた時間帯はレストランが満席で、空のプレートもありましたが次々にホカホカのできたてが出てきました)

ドーナッツやワッフル、パンケーキには、自分でチョコソースやカラースプレーをトッピングできるようになっていて、レゴランドで人気のレゴポテトも食べ放題。

子どもたちが、ドーナッツを自分の好きなようにかわいくトッピングしてる様子がすごくかわいかったです。

大人が食べている間、食べ終わった子どもたちは、すぐ横のプレイコーナーで遊べるので、ギャースギャース言う子もおらず子どもがいっぱいのはずなのに、大人たちみんなゆっくり食べてました。(2歳のギャースはしょうがないです。あれは誰にも止められません。我が子も2年前はエビ反ってました・・。)

シェフのご挨拶タイム

日帰りもできる距離なので、1回泊まったらいいよねーと言ってた夫と私でしたが、満腹のお腹をさすりながら

「また泊まりたいね。」

「うん。」

すっかり胃袋とハートを掴まれていたのでした。

ちなみに、ねーちゃんはホテルを去るときに涙ぐみ

ポンちゃんは家についてから

「もう一回お泊りしたい」と泣いたのでした。
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ

家族全員、レゴホテルの虜です。

ブログランキング・にほんブログ村へ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする