大人の部活動

ねーちゃんと幼稚園が同じだったお友達に、誘ってもらって

ハーティネスさん主催の、大人の部活動

湯川絵美さんの『絵本でコミュニケーションしようの会』

に参加してきました。

紹介していただいた絵本は

ZOOM/イシュトバン・バンミャイ

(ページをめくるたびに、ズーーームアウト

 「にわとりどこいった?」からのズームアウト

 「にわとりどこ??」、ズームアウト

  にわとり・・にわ・・・・・・・・・・・・)

親子(写真集)

(やっぱり似ちゃうのです。

 そして笑いがこみあげてくるのはナゼ?)

どうぶつにふくをきせてはいけません/ジュディ・バレット ロン・バレット

(小1の娘、このユーモア理解できるかな。

 ニワトリのページは全員、吹き出していました。

 うん、あれはこらえられない。)

・はぐ/佐々木マキ

・あかいふうせん/イエラ・マリ

・いっぽんばしわたる/五味太郎

・みんなおなじ でもみんなちがう/奥井一満 得能通弘・写真

・あそぼうよ/五味太郎

・たんたんのズボン/いわむら かずお

などなど。

字のない

もしくは字の少ない絵本ばかりです。

字のない絵本って

ひとりでページをめくって見るのは楽しいけど

読み聞かせってなると

間とかページをめくるタイミングとか難しくて

あまり読み聞かせする絵本には選んでませんでした。

でも湯川さんに読んでもらうと

字のない絵本の、面白いこと、面白いこと。

湯川さんいわく

「全部、説明してる絵本は好きじゃない」

と。

その理由が

「そのときには、わからなかったことが

のちに、数年先とかに、もう一度読んだときに

『そういうことやったんか』っていう

わかったときの驚きや喜び、

それは子どもにとってすごい嬉しいことやから

そういうのをとっといてあげたい。」

と。

あぁ。

絵本の魅力が深い・・。

ブログランキング参加中♪下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログへ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする