シミュレーションだよ!レッツゴー!

新しい仕事の研修場所が遠くて、幼稚園のお迎え間に合わない問題。

大阪のすみっこから、すみっこまで行くので電車だと1時間半以上。

車は混むけど、車で行った方が1時間ちょっとと早いです。

ぎりっぎり間に合うかも。

というわけで昨日、試しに行ってみました。

夫の職場が、研修場所の近くなので助手席に乗ってもらい

いつも走ってる道を教えてもらいました。

ムスコを幼稚園に送り、練習スタート。

ふだん、田舎道しか走らないので、3車線の道路や合流にはドキドキします。

「車線、大事。」

「大事。全部メモするから教えて。」

「ここは、一番右車線で。」

『◯◯交差点、一番、右』っと。メモメモ。

「真ん中の車線に入って、ずーーっと真ん中。そのうち一車線になるから。」

「ふむふむ。」メモメモ。

カーブのたびに、ひざに乗せてるペンが転がって運転席の下に吸い込まれていきます。

2本・・3本・・

しばらく、道なりにずーーっと走って

「あ、見えてきた。あのビルやで。」

「あそこかー。まだ真ん中、走ってていいの?」

「うん。まだ。」

「あと8分やって。まだ左に入らんでええの?」

「まだ。」

ブゥゥゥゥゥン・・・

「はい!左、入って!!」

「えっ!えっ!」

グイン、ブゥゥン、ぎゅーーーーーーーーーん、ぶるるる・・

ナビ「モクテキチ、シュウヘンデス」

何!?最後どうなった?

それまでずっと、道なり、道なり、道なり・・・で

「はい!左!」からの展開、早すぎて・・・・

わからん・・

メモ「最後は勢い」っと。

「ちがーーーーーう!!!!」

勢いやったやん・・。

月曜、夫飲み会で電車で帰るため、もう一回、助手席で指導してくれるらしいです。

↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ

クルックルしてるんです。道路が。クルックル。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする