効率主義を持ち込むべきではない場所

ブログを書くのも、読むのも好きです。

好きなブロガーさんや気になるブロガーさんが何人かいて、読み出すと止まらなくなることもしばしば。

読んでいて、わかるわかる、それわかりますーーと激しくひとり共感していることもしばしば。

先日、読んでいたブログに、保育園が効率主義に重きを置くのは違う。という内容が書かれていました。うーん、共感。

10数年前、保育園で働いていたころ。

定年間近の主任の先生が大好きでした。

厳しいけど、とってもユーモアがあって、愛情深くて、怖いのにチャーミングな人でした。子どもたちも、若手保育士もみな、主任の先生に育ててもらっていました。

やがて定年を迎え、退職され、副主任の先生が主任になりました。

新しい主任は、とても合理的で、効率主義でした。

言ってることはわかるし、どうしたいのかもわかる。

残業が多すぎるから、それをなんとかしようとしてくれてるのもわかる。

でも、それまでおおらかな空気に満たされていた現場が、ピリピリした、息のしづらい空間に変わっていきました。

手作りのカードやアルバムを、丁寧すぎるぐらい丁寧に作っていた保育園で

「もらった子どもが喜ぶからねぇ。」

と言っていた前主任と、

「他の子のカードを親は見ないから、出来がちがってもいい。」

と言ってしまう新主任。

その言葉に全てが出ているというか・・。そりゃ、そうなんだけど、うーむ。

あたたかい気持ちまでのったカードと、やっつけ仕事のように作られたカードと・・

数々の発せられる言葉の、あまりの温度差に

体も心もついていかない人、続出だったそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、もうすぐ幼稚園もクラス替え。

ムスコの幼稚園の主任先生は、なかなかピリっとしています。

うまくできない先生でもいい。不器用な先生でもいい。笑ってる先生がいい。

母の切なる願いです。

↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ

って、こんなこと書いてますが、来週から朝の時間は、家庭内に笑顔がなくなることは確実・・。

自分で着替えてーーーっっ!くつ履いてーーーっっ!早く早く早くー!ギャーース!ギャーース!!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする