バーバのもくろみ。

先日、実家に行ったら

ジイジが、しぶーーい顔をして

2階のパソコン部屋から降りてきました。

あらら・・

塩漬けになっているカブの塩分がキツーくなったのかしら・・

と思ったら

「なんかブログにめちゃくちゃ書かれとる・・」

そっちか。

卒婚・島流しの記事を読んだらしい。

(ジイジは欠かさずドゥーナガ日記を読んでくれてます。)

「ジイジ、島流し、めちゃ嫌がってるやん。」

と、バーバに言うと

「おばーちゃんが首をなが~くして待ってるからな。」

離島には、来年100歳になるジイジのお母さんがいるのです。

女多めの7人兄弟の長男であるジイジは

おばーちゃんにとって、神です。

離島には中学までしかないので

中学を卒業したらみんな島を出ます。

それからウン十年。

「ずっと待ってはったんやから、最後ぐらい一緒に暮らしてあげ。」

鉄人や、不死鳥といった異名をもつおばーちゃん。

何度倒れても、復活を遂げ

今も、朝食はパンとコーヒー。

毛はジイジよりもフサフサ。

頭はバーバよりもしっかりしている。

「島の暮らしいうたかて、ここよりずっと進んでんねんで。」

「トイレは全自動やろ。」

うん。

「キッチンはITや!」

・・うん。

「テレビは40Kやしな」

・・・うん。

「インターネットもつながってて、光フィーバーや!!」

ブッッ!!

くそ。

吹いてしまった。

なんやねん、光フィーバーて。ITて、40Kて。

どこまで現代語に弱いねん。

そんなふうに、バーバは

離島でも、ネットはできて

カブのお漬物も楽しめるから

おばーちゃんを喜ばせてきなさいと。

おばーちゃんの介護という大義名分のもと

島流し計画を着々と押し進めています。

とはいえ、島ではジイジの妹夫婦が

おばーちゃんと一緒に暮らしているので

バーバの計画は、色々無理がある気がするのだけど・・。

バーバがそれに気づくのは来年か・・

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

にほんブログ村テーマ 田舎暮らし スローライフ ロハス LOHASへ
田舎暮らし スローライフ ロハス LOHAS

にほんブログ村テーマ 離島で暮らすへ
離島で暮らす



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする