親がバカだと、子がしっかりするのだ

神戸・王子動物園に行きました。

パパが社員旅行に行ってしまったので

電車で片道1時間半。

私とねーポン3人で行ってきました。

いつのまにやら

子どもたちは成長していて

ねーポン2人連れてのおでかけも

大変じゃなくなりました。

それで気が緩み過ぎの私。

動物園内は左回りに回ると効率が良い

ということだけ調べ、出発。

電車に揺られ

途中から乗ってくるスニーカー、リュックの親子を見て

「あ、あの人達も動物園に行くんだね。ついていけばいいね。」

と言うと

それを聞いたねーちゃんが

「もう。ママそれやめて。

  もしかしてまた調べてないの?この前、迷ったじゃん。」

そうだよ・・。

この前も、そうやって人についていって

全く違うとこに着いたんだった・・。

私の悪いクセだ。

「あー、ごめんごめん。今日は大丈夫。乗ってれば着くから。」

って乗ってたら

降りるべき『灘(なだ)駅』を通過し

三宮に到着。

ガーン・・快速だったのか、これ。

てか、快速は灘駅には止まらんのか・・。

三宮駅で駅員さんに、間違えましたと

灘駅への戻り方を確認する。

「大丈夫よ、一駅もどればいいだけやって。」

ねーちゃんの視線が痛い・・。

そして、灘駅について

ポンちゃんとICOCAでピッと改札を出たら

全然、ねーちゃんが出てこない。

「早くおいでよ~」

なぜか半泣きのねーちゃん。

「出れない・・」

駅員さんが、おいでと窓口に呼んでくれて

ねーちゃんの子ども切符を見て一言。

「金額が足りてませんね。」

買い方を間違えてたらしい。

子ども切符

販売機の画面に数字がいっぱい出てきて

買うの、苦手なのである・・。

半額の値段を押すのか

大人の値段で押すのかが、よくわかりません。

やっぱり、間違えてました。

アホです。

ねーちゃんには

すっかり、呆れられている。

今回は、電車だったけど

車で出かけたら、出かけたで

必ず、帰りの駐車場で

どこに車を停めたかわからなくなる。

私が全然、覚えないので、ねーちゃんが

「Aの5だよ」

とか

「ネコの絵のとこだよ」

とか覚えてくれている。

動物園内やテーマパークでは

必ずねーちゃんが園内地図を持っている。

今回も、

「左回りがいいらしいよ」

しか言わない母に

「まかせて。」

と、地図を片手にねーちゃん。

うーん。しっかりしている。

うまく育ってくれたなぁ。

はっはっはっ・・・。

ねーちゃんに頼りっぱなしだ・・。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする